節約・支出

節約・支出:クレジットカードを侮るな!

 さあ、今日は、FIRE(早期リタイア)のためのクレジットカード選びについて解説したいと思います。タイトルにある通り、クレジットカードの選び方、使い方で侮れない額の節約ができますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

【結論】正しいクレジットカードを選択し、正しい使い方をすれば、年間2~3万円の節約が可能!

 さて、FIREを目指す上で、クレジットカードは生活費の決済用と投資用の2つに分けられると思います。まずは、生活費用のカードについて述べたいと思います。

生活費用クレジットカード

 今回は私が使っている無料でお得なカードをお伝えしたいと思います。以前の記事で解説したとおり、FIREのモデルケースでの年間生活費は180万円となりますが、全てをクレジットカードで払えるわけではないので、以下の計算では、クレジットカードの支払額は年120万円とします。この条件において、お得なカードを2つピックアップしました。

Delight JACCS CARD(年間12000円お得:還元率1%)

 私はこのカードを長年使っています。還元率は1%で、以下に示す他のカードとそん色ありませんが、貯まったポイントを翌月のカード引き落とし額に充てる事ができるので、実質的に1ポイントを1円として使える点が最大の魅力だと思います。例えば、以下に示す楽天カードも還元率は1%ですが、貯まったポイントは楽天のサービスでしか使えないのに対して、ジャックスカードでは、どのお店の料金にもポイントを使う事ができます。このような理由から、メインのカードとしては一番だと考えています。

楽天カード(年間12000円~お得:還元率1%~)

 では、ジャックスカードが最強かと言えば、そうとも言い切れません。というのは、楽天グループでの買い物では、使い方によっては楽天カードがかなりお得になる場合があるからです。楽天では、楽天グループのユーザーであるかによってネットショッピング(楽天市場)での還元率が異なっており、例を挙げると、楽天会員(+1%)、楽天モバイル(+1%)、楽天カード(+2%)、楽天銀行(+1%)、楽天証券(+1%)、楽天市場アプリ(+0.5%)、0と5のつく日(+2%)というように還元率がかなり上がります。上記の例では、例えば年間120万円のクレジットカード決済の内、20万円がネットショッピング代だとすると、ジャックスカードを使った場合は2000円分(1%分)のポイントが付くのに対して、楽天カードでは驚くべきことに17000円分(8.5%分)のポイントが付きます。
 ただし、注意すべき点として、楽天市場の価格はアマゾンよりも割高な傾向にあると、個人的に感じています。これは、アマゾンでは送料無料が主体である一方で、楽天市場では無視できないレベルの送料がかかってくる事が大きいからだと思います。これは推測ですが、アマゾンは大部分の商品を倉庫でまとめて管理しているため、商品をまとめて発送する事で送料を抑えているのに対して、楽天市場は楽天が商品を売っているのではなく、楽天市場に個々の会社が商品を載せているだけなので、商品をまとめて発送できず、送料を抑えられないからだと思います。アマゾンの場合、受注後のパッケージング作業や運送にかかるコストをコントロールしている点も大きいと思います。試しに、同じ商品の価格をアマゾンと楽天で比較してみるといいでしょう。ただし、送料が効いてくるのは、1万円以下の割と少額な商品についてで、元の商品の価格が数万円以上などと高額な場合は、当然影響してこないです。
 さて、そうなると、いくらポイントが多いからといって、比較もせずに楽天市場で購入すると逆に損する場合があります。ですので、上記では年20万円を楽天で購入する例を示しましたが、実際にはネットショッピングのすべてを楽天で購入するのは、個人的にはお得ではないと思います。現実的なところでは、ジャックスカード(アマゾンなどの楽天市場以外のネットショッピングに利用)17~8万円、楽天カード2~3万円というのが最もお得になると思います。あれ、でもアマゾンで楽天カードを使っても1%ポイントが入るんだし、面倒だから全て楽天カードでいいじゃんと思った方もいるかもしれません。しかし、上記で説明したとおり、楽天ポイントは楽天グループでしか使えませんし、アマゾンの方が楽天市場より安いケースがほとんどですから、ポイントがいくら貯まってもポイントを使う機会がない(ポイントを使ったとしてもアマゾンの方が安い)という事になり兼ねないと思います。ですので、多少面倒かもしれませんが、カードは使い分けるのがベストだと考えています。
 以上、長くなってしまいましたが、生活費用のクレジットカードとしては、上記の2つを持っていれば十分だと思います。次に、投資用のクレジットカードについて解説していきます。

投資用クレジットカード

 投資用のクレジットカードって何だろうという方もいらっしゃると思います。通常、株式投資では、証券口座に銀行から入金して、その入金額で目的の銘柄を購入します。しかし、最近、クレジットカード決済で投資ができるサービスがスタートしています。クレジットカード決済の何がお得かというと、投資でもポイントが付く点です。例えば年60万円の投資信託を購入する場合、銀行からの入金を使った方法では1円もポイントは付きませんが、クレジットカード決済では、6000円分(還元率1%)のポイントが付きます。言い換えると全世界株式の1年目の利回りが、7%→8%へ増加するという事ですね。
 さて、このサービスですが、実は現時点(2021/8/12)では、楽天証券とSBI証券の2社しか提供していません。また、投資に条件があり、1.積み立て投資である事、2.月々の積み立て上限額は5万円である事となっています。つまり、各証券会社における年間投資額は60万円が上限という事ですね。また、ポイント還元率は楽天証券が1%SBI証券が0.5%となっています。つまり、年間上限の計120万円(60万円×2社)を投資した場合に得られるポイントは9000円分(6000円+3000円)という事です。ちなみに、今冬よりマネックス証券もポイントサービスを提供予定のようですので、そちらも利用してさらにポイントをゲットしましょう。
 年間の投資額が120万円を超える方については、120万円分は積み立て投資を利用し、120万円を超える部分については、別途ポイント無しで個別に投資信託を購入する事になります。

まとめ

 今回は、お得なクレジットカードの選び方と、お得な使い方について解説しました。上記の内容を実行すると、年間2~3万円の節約が可能です。2~3万円のために面倒だなと思うかもしれませんが、上記の手続きに計2時間かかったとしても、時給1~1.5万円の働きですし、一度手続きさえしてしまえば、翌年以降はほとんど手がかからないので、めちゃくちゃ割に合うと思います。この時給換算思考は、自分の行動や選択がお得かどうかを判断する有効な手段だと思いますので、ぜひ他の事象にも当てはめてみて下さい。